感覚派

賛否両論

【11/4】走る理由

「何で走ってるの?」

 

走っている人は聞かれるでしょう。よーく聞かれます。

 

大概みんな、苦しい・辛いだけというイメージを持っているようです。

 

とはいえ、苦しくない?辛くない?かと言ったら嘘になる。当然きつい。言ってしまえば、9割キツイ1割楽しい。くらいのレベル。

それでも走るのはなぜ。

結論から言うと、ズバリ私が走る理由は、

「戦闘モードの維持」

です。

人と争うのが苦手だった

ずっとスポーツはやってきました。それこそレギュラー争いみたいなことをずっとやってきたんです。しかし、そういうのがとにかく苦手だった。男兄弟に囲まれてたとかもないし、特段苦しんだ経験などもなかったし。

だから、人と争って「何が何でも俺が勝つんだ」という気迫のようなものは微塵もありませんでした。

負けたくない精神の原点

しかし高校時代、部活以外の暇な時間にも体を動かしたくなり、走り始めました。そこから半年くらいして、初めてレースに出場して以来、ハマりました。思いの外順位が高かったんです。

様々な運動をしてきた中で、初めてそれなりに戦えると感じた瞬間でした。

走ることでは負けたくないと思うようになり、それが派生して、多くの場面で負けたくない精神を持つようになりました。(笑)

確実に、色んなことに良い影響を与えてます

走ることが唯一のやる気スイッチ

 気持ちだけでどうにでもなるわけではないですが、やはり言霊の力を感じるようになりました。口に出さなくても、根底に「負けたくない」精神があると、結果は全く変わります。

もう一つ言えるのは、勝ちたいと思えない時は、思考が止まってます。

走る→勝ちたい→走る→早くなりたい

という良いスパイラル。

走ることがやる気スイッチなわけです。

勝ちたい!

という戦闘モードを維持するためには、走り続けるしかない

これが走る理由です。

 

なんでもどうぞ hateblo.tsuyu@gmail.com

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村